クリ拷問 「私、店長のことが好きです。付き合って下さい。」「俺でよければ是非。」私の告白から交際が進みました。店長との出会いは飲食店でのバイトでした。私と7歳しか変わらないのに凄くしっかりしている店長にすぐ好きになった私。 店長と付き合うようになってからは私は遅番で働くようになりました。その理由はもちろん一緒に帰るため。他のバイトスタッフには遅番の方が給料がいいからと嘘をついています。本当は店長と付き合っていることを言いたかったけれど、店長に「仕事に影響が出るかもしれないから付き合っていることは他の人には秘密。」と、口止めされていました。 そして、仕事が終わり決まって行くところは私の家。私は一人暮らしで店長は実家暮らしということもあって毎回私の家に行きます。そして、終わってすぐのH。その時の店長は私の苦手なクリ攻めをしてきます。私が抵抗する姿が大好きと言っています。だからクリ攻めするときは私も仕返して店長のアソコをしゃぶります。何度やってもクリ攻めには慣れないけれど店長とのHは本当に気持ちいい。 付き合ってから半年。なんと、避妊してたつもりが私のお腹に小さな命が宿りました。それを伝えると突然店長は青ざめて土下座をしてきました。「すまない。おろしてくれないか。俺本当は結婚して妻子がいるんだ。」突然何を言いだすんだと思った私。私は何も言わず店長の頬に一発叩きました。そして、ショックのせいで何も食べれず子供は流産してしまいました。 クリトリス開発 クリトリス調教
管理ログイン

-携帯レンタルランキング-
ランクちゃんねる
rankch.com
Ranking system by